東大恋アス同好会合同誌 #FindOurStars Vol. 1

2021年6月12日(土曜日)恋する小惑星オンリーイベント「キラキラアーカイブ」 画03にて、東京大学恋する小惑星同好会初の合同誌「#FindOurStars Vol.1」を頒布します。


TITLE#FindOurStars Vol. 1
CIRCLE 東京大学恋する小惑星同好会
SPECIFICATIONB5サイズ 88ページ(本文グレースケール)
RELEASE DATE2021年6月12日
BOOTH2021年6月「キラキラアーカイブ」画03
PRICE700円(会場) 1,100円(委託・税込)
STORE メロンブックス
ISDN 278-4-535537-01-6

正誤表

『#FindOurStars Vol. 1』に以下の通り訂正がありましたので、お知らせ致します。 なお、訂正後の内容で電子版を更新し配布しております。必要に応じご利用ください。

ページ箇所
初版654.4節見出し誤正
第2版42脚注10記事の内容と筆者から記事の内容と著者から

Articles

1. 星空描写からの「日時特定」入門 / kn1cht

TVアニメ『恋する小惑星』では、天体の位置などからシーンの日時を特定できるほど星空が正確に再現されました。
星空からの日時特定は一見「天文ガチ勢の謎のテクニック」のように思えるかもしれませんが、必要となる知識は天文ファンとして活動していれば身につく基本的なものです。 本記事では、星空の描写やセリフの情報から日時を割り出すためのテクニックをご紹介します。

2. 地学オリンピック参加記 / れんず

2018年の国際地学オリンピック(IESO)で金メダルを受賞したれんず氏による参加記。
作中でのイノ先輩と同じ回の日本地学オリンピック(JESO)を受験していたり、茨城県つくば市での本選にある漫画家が取材に来ていたりと、恋アス方面でのコンテンツ力もばっちりです。 本誌最長の34ページで語られる、JESO予選からIESOタイ大会に至るまでの詳細なレポートは、地学オリンピックの全貌を知るうえでも貴重な資料となるでしょう。

3. 地学オリンピック参加記2 / のこ

地学オリンピック参加記2本目は、2019年韓国大会で金メダルを受賞したのこ氏の記事。
すべての理科は地学なのです」と、あらゆる学問の根底にある地学の重要性を説く冒頭部は必見です。 帰国前夜に起きた「事件」と、地学屋ならでは(?)の解決方法にもご注目ください。

4. 東大生猪瀬舞概念 / ふぁぼん

イノ先輩(猪瀬舞)はどこの大学のどの学部・学科に進学するのか?
多くの恋アスファンの頭を悩ませてきた(?)この問題に、ふぁぼん氏は「猪瀬舞東大生説」で挑みます。 イノ先輩の興味関心と作中での行動から考えられる仮説や、進学選択(進振り)で進むであろう学部・学科の候補を通じて、東大生猪瀬舞概念を紐解いていきます。

5. #地理は地学 / haxibami

あのひとは実在したと、いまでも信じている。
あのひとはわたしを深く抉った傷で、にもかかわらず/ゆえに救いだった。

ふいに、わたしは猪瀬舞さんのことを思い出す。

6. 東大入学式で小惑星を探した話 / まーしー

2021年4月、2年ぶりに挙行された東大入学式にて「小惑星を探しています。」との看板を掲げ一躍話題となったまーしー氏によるレポート。
学内での恋アスの知名度をさらに高めたその行動に至るまでの経緯が明かされます。

Illustrations

まーしー

500mL

あをもみじ

ぺるぺる